top of page

食事管理の第一歩は、超加工食品をやめること

加工食品は4つに分類できます。

生のリンゴ1個半を食べるのに「17分」掛ったが、ジュースにすると「1分半」で飲み干しました。食物に対して加熱や液体化といった「加工」を施すと、同じ量でも短時間で食べられてしまいます。

グループ①:未加工または最小限に加工された食品

 野菜、果物、卵、魚などの未加工食品。乾燥、煮沸、冷凍野菜、冷凍果物など

グループ②:加工食材

 植物油、蜂蜜、メープルシロップ、砂糖、バターなど

グループ③:加工食品

 蒸したチキン、マグロの缶詰、野菜の缶詰、シロップ漬けの果物など

グループ④:超加工食品

 人工調味料、甘味料、香料、着色料、乳化剤、安定剤、保存料などを用いて加工したもの


超加工食品には果糖ブドウ糖液糖などの糖や塩、トランス脂肪や飽和脂肪が多く添加され、食物繊維やタンパク質、微量栄養素が少ないという特徴があります。

トウモロコシは未加工なのでグループ①、コーンの缶詰に加工するとグループ③、コーン風味の人工調味料や添加物、保存料を使って作られたコーンスナックはグループ④


超加工食は未加工食よりも

・食品1gあたりのエネルギー量が多くなる。

・食べる速度が速くなる。

・単位時間あたりの摂取量が多くなる。

・タンパク質の摂取量が少ない。

・満腹感を感じる前に多くの食事を摂ってしまう

という特徴があり、当然、太りやすくなります。


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page